建設系の測量調査事業って普通の調査と何が違うの?

アイマックスがご提供する工事測量技術とは、測量を施工、管理の全体に利用する技術を言います。

アイマックスの工事測量とは

アイマックスは工事測量をこう考えます

測量器械の進歩により、距離を測る、高さを測る、座標で位置を出す、これらの作業は誰でも機器の使用方法さえ分かれば、それなりに出来るようになります。
では、なぜ基準点設置、土地確定測量などに測量士が必要なのでしょうか。彼らが測量すると誤差が無いとか、精度が上がるからでは無く、適正な測量方法、観測値の使い方を知っている者が測量士なのです。
また、工事における測量技術者も単に位置を出す、測るではなく、工事に使用するべき測量方法、 観測値の用い方を知り、施工計画に反映し、図面を現場に投影します。そして現場の図面を作成し、 変更図面を作成・計算し、また現場に反映する。それらの作業を行う技術者が、工事測量技術と考えます。

 

アイマックスの工事測量はここが違います

一般の測量会社が行う測量とは、
1.発注された測量を行う為の測量であり、最終的に物を造る為の測量は行わない
2.測量とは地図、平面図作成が主たる業務であり、2次元的思考での測量を行う
3.誤差は、許容範囲であれば有って当たり前であり、全体へ配分することで問題としない
4.計算書に有る座標点は設置するが、施工の進捗、変更に必要な点は設置不可能である

 

アイマックスの測量技術者は
「測量とは物を作るための技術であり、測量を行う者が現場を造る」を、ポリシーとして図面より、 3次元的思考を持って出来上がりを考え、時間経過の進捗を加味した測量を行い、出来形を確保し、 現場施工に係わっていく技術者です。

 

アイマックス測量技術者の業務範囲

アイマックスの測量技術者は施工計画作成から、しゅん工まですべて関与します

1.施工前の発注図書の検討、現地調査測量、数量照査を行い施工計画へ反映させる
2.発注図より施工図を作成し、現場において測量点、丁張の設置、確認、観測を行う
3.進捗数量の把握、設計変更の検討、図書の作成、当初設計、既設との確認、すり合わせ
4.外注測量業者への測量指示、計算書作成、提示、結果確認
5.施工位置、施工寸法指示、出来形確認、しゅん工図書作成

 

基準点測量、水準測量など一般の測量実務はもとより、工事に係わる 上記の作業を行う事により、アイマックスの測量技術者は、総指揮者 である所長、総管理者である監理技術者の補佐として、現場施工を確 実なものとする役割を担うことが出来ます。


 
トップページ 人材事業 地域エントリー 求人情報 電子納品関係 図面・CAD関連 会社概要 アクセス